サービスを利用

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大
サービス一覧

SERVICE

子どものためのサービス

進学や学力の遅れを支えるために

  • 近年、大学進学率の向上とともに、様々な奨学金や給付制度が充実してきています。しかし、制度が複雑でお子さんだけで申請することが困難な状況であるため、進学する際にかかる教育資金の貸付を実施するとともに、奨学金の申請や教育費に関する相談をお受けしております。

  • 学習を通じた自立を応援するための、無料の学習支援事業です。

安定した食事を提供するために

  • 保護者の疾病や家庭環境により、朝食が提供されていない児童に朝食を提供することで健やかな成長を応援しています。

  • 経済的困難、ネグレクト、保護者の疾病などで食の提供が不安定な児童や、ひとりで仕事と子育てをする一人親家庭を食事の提供を通して応援しています。

学校生活を支えるために

  • 卒業する中学生から制服の提供を受けて、経済的に困窮する世帯の児童へ制服や体操着の提供を行っています。

  • 送迎が必要な子どもや不登校の児童で、ひとり親家庭、保護者の疾病などで学校に通えない子がいます。保護者の代わりに送迎し子どもの学びを支えています。

  • メガネが買えない。上履きが買えない。部活のユニフォームが買えない。こどもの学習に必要なもの、夢を諦めないための給付事業です。

上部へ戻る

ひとり親のためのサービス

進学や学力の遅れを支えるために

  • ひとり親家庭という同じ環境の仲間や友人づくりの場を作っています。 社協の社会福祉士、精神保健福祉士への生活相談ができます。

お子様の健やかな成長を応援するために

  • 母子父子家庭、生活困窮世帯等にあたたかいクリスマスを届け、お子様の健やかな成長を応援しています。

上部へ戻る

高齢者のためのサービス

お一人暮らしの方が孤独にならないために

  • 65歳以上の一人暮らしの方に月に一回、手づくりの地域情報誌『福祉新聞』を手渡しで配達。毎月訪問することで見守り、生活の変化や困りごとに対応しています。

  • 65歳以上の一人暮らしの方の月1回の会食会です。友達と一緒に食事をし、おしゃべりをしたり、時には外出をしたり、孤独な気持ちにならないよう町内を6地区に分け毎月開催しています。

日常生活を支えるために

  • 65歳以上の一人暮らしの方の月1回の会食会です。友達と一緒に食事をし、おしゃべりをしたり、時には外出をしたり、孤独な気持ちにならないよう町内を6地区に分け毎月開催しています。

  • 自分の事は自分でやりたい。でも、電球交換やゴミ出しなど、些細な事を助けてほしいと思う時、ちょっと手伝ってくれる人がいたら、安心して暮らすことができます。そんな生活支援の仕組みがあります。

上部へ戻る

生活資金にお困りの方へのサービス

生活・生計に苦しい状況の方を支えるために

  • ひとり親家庭や子どもの衣類を買う余裕がない世帯に対して、リサイクル品衣類等を集め、無償で衣類の提供を行っています。

  • 低所得・高齢者・障がい者世帯等に対し、生活資金等の貸付けと必要な相談支援を行い、その世帯の安定した生活と経済的自立を図ることを目的としています。

  • 臨時的な出費や収入欠如のために、応急的に必要な生活費を上限5万円まで貸し付ける制度です。

  • 厳しい経済状況の中、離職された方、なんらかの理由で収入が下がってしまい困っている方、母子家庭・高齢世帯で収入が少ない方々などに心温かく年末・年始を迎えていただくため実施している援護金給付事業です。

  • 手持ち金がなくて食べる物がない。電気が止められてしまう。このような逼迫した状況にある場合に経済的援助(現物給付)を行っています。

  • 経済的な課題に対しては、家計の立て直しサポートや就職活動の支援、家賃の給付を行なっています。また、家族間のトラブルやその他生活上での様々な困りごとに対しては、解決を目指し相談業務を行なっています。

上部へ戻る

若年性認知症の方のためのサービス

若年性認知症になっても役割をもって生きる社会づくりのために

  • 若年性になっても役割を持って生きられる。そんな社会を目指して実施しています。若年性認知症の方々が子ども食堂の食事を作ったり、デイサービス内で様々なお仕事をしています。

上部へ戻る

困りごとを相談したい方へ

三芳町社協では、様々なお困りごとを抱える方からの相談を受け付けています。
お気軽に相談をお申し込みください。

ご相談フォーム